Access

About サイト 編集者

この作成者は詳細を入力していません
So far サイト 編集者 has created 48 blog entries.

お知らせ:海外派遣留学(2021年度出発)による学生の能力及び行動特性の変化について

一橋大学では,2016年度より海外の協定校に派遣留学をした学生を対象に留学アセスメントテストを実施、派遣留学による「グローバル環境で必要とされる能力の変化」と「行動特性の変化」を把握してきました。今回、より詳細な派遣留学の効果を測定するため、留学アセスメントテストの結果を分析して、コンピテンシーの変化を報告書にまとめました。今後も定期的に実施していく予定です。

■ 報告書はこちら

2024-05-24T08:48:28+09:002024年05月24日|報告書, お知らせ, 研究成果|

イベント:2023年4月15日 国際研究会議「国際流動化時代における博士課程の意義と課題」をハイブリッドで開催しました

2023年4月15日(月)14時から国際研究会議「国際流動化時代における博士課程の意義と課題」をハイブリッドで開催しました。
We was held a hybrid international research conference、 ‘The Significance of Doctoral Degree in the Age of Global Mobility,’ from 2pm on Monday, April 15, 2023.

プログラムは こちらから

《趣旨》
昨今、大学や企業で研究職に就くためには博士号の取得が不可欠になりつつある。アジア人学生はアジア圏外の国またはアジア圏内の他国で博士号を取得する例が多く、これらの人々は就職後も国家間を移動する傾向にある。このため、博士号には国際的な意義と価値が問われることとなる。アジア人学生を国外の博士課程へ誘引し国際労働市場へ移動させる要因は何か、博士号の取得国によって就労機会は異なるのか、博士課程における経験はその後の研究業績にどのように影響するのか、大学の国際的評価と博士号取得者の流動性にはいかなる関係があるのか等々、本国際フォーラムでは国際流動化時代における博士課程の意義と課題に関する実証的研究結果を発表し成果を共有する。

《point》
The increasing necessity of PhDs for research roles in academia and industry underscores the importance of doctoral education in today’s job market. With a growing trend of Asian scholars pursuing PhDs abroad and their subsequent international mobility for employment, questions arise about the global value of doctoral degrees. This symposium will explore key issues such as the background driving individuals to seek doctoral studies overseas, the impact of the degree’s origin on employment opportunities, how doctoral experiences influence research outcomes, and the relationship between university reputation and PhD holder mobility. By presenting empirical research, this forum seeks to illuminate the significance of doctoral education in the context of global student and workforce mobility, aiming to offer insights into the evolving dynamics of higher education and research employment.

2024-04-16T09:15:38+09:002024年03月28日|お知らせ, イベント|

お知らせ:「卒業生・修了生を対象としたアンケート調査」にご協力いただきありがとうございました

一橋大学では、卒業生および修了生を対象として、本学の教育活動等で身につけた能力等について把握するため、卒業生調査を行いました。本調査の結果は、本学の教育の改善、大学運営の検討に活用させていただきます。調査にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

■ 調査概要は こちら
■ 詳細は以下よりご覧ください。
調査報告書本文
調査報告書図表

2024-03-25T09:01:41+09:002024年03月25日|報告書, お知らせ, 研究成果|

お知らせ:「受験・入学の意思決定に関するアンケート」に ご協力いただきありがとうございました

本学の学生の皆さんがどのように一橋大学の受験や入学を決めたのかを調査することで、より効果的な大学広報を行っていくことを目的として、「受験・入学の意思決定に関するアンケート」を2023 年6 月1 日から同30 日まで実施しました。ご協力ありがとうございました。
詳細はこちら。

2023-08-02T10:06:29+09:002023年08月2日|報告書, お知らせ, 研究成果|

イベント:2023年7月25日(火)に国際研究フォーラム「学生の国家間移動とキャリアパスウェイ:アジアと北米の実証研究から」を開催しました

International Research Forum “Global Student Mobility and Career Pathways : Findings from Empirical Analyses in Asis and the USA”

The number of foreign students received and sent by Japanese universities decreased dramatically amid the COVID-19 pandemic. In the world as a whole, however, the number of international students did not stagnate, but continued to increase even during the pandemic. With the global expansion of online education, the number of graduates with foreign degrees will continue to increase.
This forum will present the findings from analyses conducted on the international mobility of students and workers, their degree attainment, and their post-graduate careers. The primary focus will be on Asia and the U.S. We seek to explore the implications of differences in mobility, educational attainment, higher education policies, and learning environments for labor market, social, and economic performance. This exploration will be approached from the perspectives of higher education theory, educational policy theory, sociology of education, and economics of education.

プログラムはこちら。

2023-08-02T18:08:59+09:002023年07月12日|お知らせ, イベント|
Go to Top